まっちゃんの釣りを楽しんで上手くなりたいな日誌 ^^

楽しければ良い、でも釣れたらいいなぁ〜と願って大阪湾中心の釣り場に行く日誌
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< ハネ?チヌ?阪南港 ^^ | main | 雨に祟られ・・加太〜田ノ浦 >>

和歌山南紀!1泊3日の釣り?観光?8人旅 ^^;

H21.4.26〜28  晴れ  大潮〜中潮


行ってきました!!和歌山南紀1泊3日の釣り?8人旅楽しい



いやぁ〜・・なんとも、かんともたらーっ皆様のお時間の許す限り紙芝居だと思ってみてあげてください上向き




26日夕方5時に仕事を終わらせ、キバ公がレンタカーを取りに行ってる間に徐々に集合をかけます(モティーは彼女といちゃついてて遅刻しました猫2)午後7時に出発車ローソンで朝までの食料を買い込み、中央環状線soon近畿道soon阪和道へくるりん2時間程で終点の南紀田辺ICに到着、ここで又トイレ&買い込みをして42号線をひたすら南東へ走らせます魚(道中は真っ暗で周りの雰囲気が良くわかりませ〜んあせあせ)午後11時やっと「串本」へ到着ギザギザ嬉しい



串本駅周辺の「山百合」という所で食事(よー食べる団体だこと・・・)して、さっそく夜釣りと思いエサ屋さんを散策・・・。・・・。・・・。散策・・・。・・・。無い!!
「末広」「三平」等のエサ屋さんはあるのだが、開いてない!!時間はすでに深夜12時・・。仕方がないので串本大橋を渡り、大島漁港へ深夜の散歩へパクッここでメンバー紹介ですグッド後列左から、モティー、シショー、キバ公(運転手)、初登場のシンサク、前列左から、ウキャキャ、オメニョ、謎のルアーマン、そして私まっちゃんで〜すメールひとしきりうろついた後、仮眠してエサ屋さんが開くのを待つことにしました。(狭くて眠れませんが・・[:がく〜:])



午前3時半エサ屋「三平」へ。思い思いの買い物をして少し迷いながら串本漁港赤灯へ〜
先端赤灯付近で地元の方と思われる人が3人。投げサビキ&イカ(ヤエン)狙いで竿を出しておられましたウィンクシンサクはオメニョに教えてもらいながら投げサビキをモティーは胴付き仕掛けの虫餌、僕は・・。釣れてないので内緒ですてれちゃうシショー、キバ公、ウキャキャは先端手前の波止へシショーです


いい時間帯になってきましたイケテル


初めに釣ったのは、ほとんど釣り初体験のシンサクです。
20cmの良型アジです。ブラボーラブ

超〜気持ちいぃ〜上向き朝焼けでするんるん

モティーがベラと木っ端大のグレ

最後にオメニョがアジの連ですイケテル(ここは深いです。9〜10ヒロあり、これから五目釣りが楽しいはずです)シショー、キバ公グループは〇ーズイヒヒ


午前8時移動開始



途中で立ち寄った場所です。最年少モティーは元気です嬉しい



昨晩もちょっと行った串本大島を横断しながら「日米修好記念館」なる建物を発見



更に徒歩で奥に進み「海金剛」なる素晴らしい景観に出会いました!ハート大小あまりに素晴らしいのでもう1枚るんるん



更に移動して浪の浦を横目に串本半島を横断、本州最南端「潮岬」に到着ですここで潮岬灯台に登っちゃいましょうの会を結成楽しい

入り口です。


これが灯台です。


釣りを忘れている人々たらーっ


上に登った所です。


灯台上からの景観をお楽しみください。(足が震えました)




宿泊先である周参見を目指しながら適当な場所でお待ちかねのバーベキューをしましたムード

注)オメニョの顔が泣いてる様に見えますが、あまりに美味しすぎてこんな顔になっちゃ
ってますひやひやもの凄い風でしたが食って飲んで、もう酔ってますビール(途中、串本海中公園に行きたいと言ったら、半数以上に反対されて断念しました[:がく〜:])



そして夕刻、すさみ駅近くの漁港で釣る事にしたのですが・・・もの凄い豪風です下向き僕はこの時点で36時間寝てないので波止場でダウンあせあせ1時間程で撤収〜。目の前にあった卸売り市場をシショーと2人で見学、見事な鰹がどっさり水揚げされていましたびっくり(ケンケン鰹と銘うたれたいるようです)



その漁港からすぐの宿に到着しましたかわいい部屋です風呂に入り宴を終え、思い思いに就寝ですzzz


朝7時朝食、8時半に出発です(飲み代込みで9000円也、安いと思います)





さぁ〜最後の釣り!慎重に行き当たりばったりでポイント選びをしますわーい
42号線を戻り、戻り「文理港」をグルリ周って着いたのが・・名前がわかりませんピピピ防波堤の右は砂浜防波堤の先端には「旗島」とある大岩があります上向き一気にテンションアップ上向き上向き上向き準備開始!


天気は快晴、景色は最高!でも・・写真では解り辛いと思いますが、もの凄い豪風です困惑台風じゃないか?と思うくらいの豪風です汗岩場の上で立つのがやっとです。


シショーの竿さばきも通じません

そして根掛かりの嵐でテンションダウン〜こやつはめげませんたらーったまらず湾内に避難して釣り&酒盛りですあっかんべー午後1時頃近くの「チャンピオン」という中華料理屋でたらふく中華を食べ、帰路につきました。(僕は帰りの車で寝てました)


午後5時無事に会社に到着家「いや〜釣りか観光かわからんかったなぁ〜!」シショーの雄叫びに全員うなずいておりましたとさ楽しいかわいい







PS   最高の思い出が又ひとつ増えましたラブ
 
和歌山 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2015/05/13 5:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mattyann.jugem.jp/trackback/89
この記事に対するトラックバック