まっちゃんの釣りを楽しんで上手くなりたいな日誌 ^^

楽しければ良い、でも釣れたらいいなぁ〜と願って大阪湾中心の釣り場に行く日誌
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 水軒初見参!いやいや和歌山マリーナシティ・・深日新波止もいっちゃえ〜の巻 ^^ | main | 最短距離の釣り場供∪大津助松埠頭 ^^ >>

最短距離の釣り場、泉大津汐見埠頭 ^^

H22.11.3〜4   中潮  晴れ




最近太刀魚が好調な泉大津付近を攻めに出撃しました

業務終了後、久々参戦のキバ公を乗せ、

渋滞の中、阪神高速をひたすら南へ走らせます

すでにMAXで待ちかねていた、謎のルアーマンと合流
(今回、僕の車1台なので車内はギュウギュウです^^;)

ベイトを購入して、ダイエー泉大津店を探す

やっとみつけて、恒例のお買い物・・・

すると、入り口付近で鍋の特集コーナーがあり・・・

キバ公チョイスでOOO鍋に決定しました

場所の心配をしながら、まずは汐見埠頭へ行ってみる事に




(注 汐見埠頭の門はPM8時に閉まると表示してましたが

何故か、門は開いていました。)




「おっ!空いてる」すでに9時を廻っており、

祭日の夜という事もあって、十分なスペースがあります
(ゴミ集積所横で、アミエビの残り香がキツかったのですが)

さっそく第1投〜。それから初の太刀魚釣りのキバ公の仕掛けを

説明しながらレクチャーする

3人とも無事に仕掛けを投入〜。「さぁ〜!いつでもいらっしゃい〜」


時間も時間・・3人ともお腹ぺこぺこなのでウキを眺めながら

OOO鍋の用意に取り掛かります

ウキに何の変化も無く、無事?にお鍋が出来上がりました。



そうです!キムチ鍋です〜!!(もうなんでもあり・・)

気分は・・O−OOス!!

暗い事もあって周りの空気・・・読んでません

とうとうここまできてしまいました〜(もう完全に麻痺してますが・・)

非常においしかったので、良かったのですが


今回は結果より先に言っちゃうと・・・

僕に60cm程、指2本あるかないかのが1本のみです・・・。
(他の2人はO−ズです。もっともキバ公は殆んど寝てましたが)

え?「釣り来て鍋なんかするからや」って?

いえいえ、タナを変えエサを替え(この日はキビナゴ、イワシ、サンマ)

ウキは常に目を離さず、誘いも頻繁に入れておりますですハイ

で、おまけに今回も完徹です(ほぼ30時間起きてました)




アタリは何度かあったのですが・・

今年の太刀魚は何か変。喰い渋るというのか、なんというか。

例年の様に合わせてものりにくく、ひたすら待ってもエサを離す始末。

しかも非常に型が悪い

色々試行錯誤してやってはいるのですが、何か変。。。



もう・・一晩釣り場で過ごすのはキツイです

風はそんなに吹いてないのですが、寒い!寒すぎる!!

その辺で寝始めたキバ公と謎のルアーマンですが、

たまらずキバ公は狭い車に避難(座ったまま寝てました)

謎のルアーマンはとても寝れないので起き出す始末

アラフォー3人が若者の真似をしてはいけません





たまらず焚き火



で・・釣れないまま、睡魔と大バトルしながら朝を迎えました




朝方にもアタリはあったのですが・・・

(ルアーで釣ってる若者がいました)




am7:30頃納竿〜



明るくなった後の昨夜の宴後(うたげあと)が恥ずかしかったです。



ちゃんとお片付け〜



キバ公と謎ルァを駅まで送り、家に帰ってひたすら夜まで眠りました。
























PS もう今年の太刀魚は、終わりかな〜終わらないかな〜。

   


   今年の釣り自体が終わりやったりして・・・



















泉大津〜泉佐野 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/11/07 10:57 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/11/07 1:12 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/11/12 7:58 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/11/13 7:55 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mattyann.jugem.jp/trackback/120
この記事に対するトラックバック